川崎市幸区の社労士

鈴木社会保険労務士事務所

〒212-0011 神奈川県川崎市幸区幸町2-681-24(JR川崎駅徒歩7分・京急川崎駅徒歩6分)

お気軽にお問い合わせください

社労士選びのポイント

年齢やデジタル環境への対応は?

社労士の年齢は非常に幅広くなっています。社労士制度が発足して50年以上が経過、その制度発展を支えてきたベテランの方々が今でも多く活躍する一方で、代替わりが進んだり、労務管理の専門家という国家資格に魅力を感じた若い人の社労士資格取得が進んだりした結果、30代や40代でも経験豊富な人が増えているというのもあります。

では、皆様が何かを依頼したい社労士を新たに探す際に、「年齢」というのは果たして影響するのでしょうか?

私の考えを率直にいうと、「皆様がどう考えるか次第」だと思っています。少し突き放すような言い回しになっているかもしれません。しかし、本当にケースバイケースで、皆様がどんな業務を頼みたいのかによっても変わってきますし、皆様側の担当者(社長や総務担当者など、社労士と直接やり取りをすることになる人)の年代やそれぞれの相性というのもあります。


例えば、皆様が顧問社労士を探しているとします。顧問社労士は企業経営者にとって、毎月顧問料を払い、自社の労務手続きや様々な相談案件に継続的に対応してもらう存在です。社労士の年齢が高ければ高いほど、「継続性」という点では難しくなってくると思うかもしれませんが、その社労士の事務所で跡継ぎがしっかり育っているなら継続性の問題はあまり関係ありません。皆様側の担当者が仮に60歳だとすれば、それに近い年代の社労士のほうが話しやすいかもしれません。逆に、皆様側の担当者が30代なのに60代の社労士が相手になると、ケースによっては相談がしづらい環境になってしまうかもしれません。

就業規則の作成や変更をスポットで依頼したい場合はどうでしょう。多くの経験を積んできた年配の社労士であれば、それを生かしたハイレベルの仕事が期待できるかもしれません。逆に30代の若手社労士であったとしても、既に10年以上の経験があるような人もいるので、そういう社労士なら十分良い仕事が期待できます。一方で、年齢に関係なく、社労士になりたての経験値が少ない人ももちろんいます。また、1社2社での長年の人事担当経験がある社労士と、数十社の中小企業の労務管理をナマで体験してきた社労士とで視野の広さという点で違いがあるのだとすれば、皆様がその点をどう捉えるのかということになってきます。

さらに、デジタル環境の対応という点も、社労士探しでは検討材料の一つになると思います。さすがにメールでのやり取りができないという社労士は今ではほぼいないと思いますが、手続きの迅速化に必須の電子申請対応、各種チャットルールやweb会議などの対応、給与計算時のデータ取り込みやweb給与明細への対応、web勤怠システムへの対応や情報提供力、などといった「デジタル環境への対応力」は社労士個々(または社労士事務所)によって様々です。これらは、それぞれの取り組む意識の違いによるものなので、決して年齢だけで判断できるものではありません。

しかしながらこの点についても、デジタル環境への社労士の対応力を重視するのかしないのか、結局は皆様側がどこまで求めているかによって変わってくるものです。「チャットとかズーム会議とかはウチも使わないので電話や訪問で対応してくれれば問題ないし、手続きもすぐに動いてくれるのであれば紙でも電子申請でもどっちでも良い」という考えであれば、社労士のデジタル対応力の差は関係なくなってきますよね。

要は、皆様側が依頼したい業務を、ストレスなくスムーズに対応してもらうのに適切な社労士であるかどうかが重要であって、それは年齢によって決まるものではないということです。どこの事務所に依頼するか、ということではなく、「誰が実際にどういう対応をしてもらえるのか」「
その人の経験値や人柄はどうなのか」をしっかり見極めることのほうが、よほど重視すべきだと思います。


依頼した後のやり取りを想像しながら、皆様に合った社労士を探してみてください。

 

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ・ご相談

044-522-8757

フォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス

住所

〒212-0011 神奈川県川崎市幸区幸町2-681-24
JR川崎駅徒歩7分・京急川崎駅徒歩6分

営業時間

8:30~17:30
フォームでのお問い合わせは24時間受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日