川崎市・横浜市・大田区を中心に活動する社会保険労務士。 就業規則作成、助成金申請、労務顧問、給与計算の経験豊富。

川崎市/横浜市/大田区/品川区の社労士 鈴木社会保険労務士事務所(社会保険加入・雇用保険加入・就業規則作成・労務顧問・給与計算・助成金など)
トップページ 業務実績 鈴木社会保険労務士事務所案内 お客様の声 サイトマップ お問い合わせ

社会保険加入に関する情報満載!各種Q&Aコーナー


社会保険
社会保険とは
労災保険とは
雇用保険とは
社会保険に加入する
労災保険に加入する
雇用保険に加入する
労災特別加入制度とは
社会保険料
労働保険料
社会保険手続き
労災保険手続き
雇用保険手続き
年金事務所
労働基準監督署
ハローワーク


就業規則
就業規則とは
就業規則作成の意義
就業規則見直しの意義
就業規則作成サービス
就業規則作成・見直し
専門サイトのご紹介


給与計算代行
給与計算代行とは
作成する帳票
給与計算の流れ
給与計算の納期
委託のメリット

各種調査対策
労働基準監督官調査
労働基準監督署の
算定基礎調査

年金事務所総合調査

退職金制度
退職金制度とは
退職金問題
中小企業退職金共済
退職金積み立て方式

労務管理情報
お得な労務管理情報を
Q&A方式で掲載。
随時情報を更新中です

トピックス
社会保険・労務管理の
法改正情報や、気にな
る記事について掲載中

最新トピックスはこちら
過去のトピックスはこちら
鈴木社会保険労務士事務所案内
事務所概要
料金と契約形態
スタッフ紹介
業務依頼事例
対応可能地域
お問い合わせ

個人情報保護方針
鈴木社会保険労務士事
務所のお客様個人情報
保護に関する取り組み
姿勢です

当事務所における
マイナンバーの適切な
取扱に関する基本方針
はこちら


リンク集
リンク集1
リンク集2



鈴木社会保険労務士事務所TOPへ > トピックス(平成18年) > 書店の店長、残業代求め提訴(H18.3.2)

書店の店長、残業代求め提訴(H18.3.2)

平成18年3月1日付の新聞記事ですが、首都圏を中心に200店以上の書店を展開する会社の男性社員が、店長として勤務していた時の残業手当など約540万円の支払いを求めて、会社を提訴しました。


この方は、2004年3月から11月まで藤沢の辻堂店店長を任されていたときに残業手当が払われなかったということで、この間の残業手当約270万円と、労働基準法上の付加金(同額)の支払いを会社に求めています。


ここで問題なのは、「店長」が労働基準法に定める管理監督者にあたるかどうかということ。会社側は「店長は管理監督者に当たるから残業代を支給しなかった」と主張していますが、当の本人は、「労務管理上の権限が与えられず、出勤や退勤の自由もなく、年収も低かった」として、管理監督者ではないと主張。


この手の件はよくあることです。労働基準監督署の調査でも、「管理監督者」に対する扱いについては度々指摘されるところです。


確かにその定義があいまいなため、ひどい場合、「課長」という役職さえ与えれば管理監督者だから残業代を払わなくてよいというような、大きな勘違いをしている企業もあります。その結果、社員の半数以上が管理監督者になっているなんてこともあります。


今回の件は、ある程度大きな書店の店長さんです。しかし、この管理監督者に関する過去の裁判例をみていくと、あまり会社側に有利な判決は出ていないのが現状です。
判断基準は・・・
 1.実態として職務内容が権限、責任を有しているものか?
 2.勤務の実態は、管理監督者としてふさわしいか?
 3.その地位にふさわしい待遇がされているか?賞与の支給率も一般労働者より優遇されているか?
 4.経営上の重要事項に関する企画立案の権限があるか?
などがあります。


特に上記の「2」については、今回の件でも出退勤に自由はなかったと主張している点から、これが明らかであれば会社側にとっては結構厳しいのではないかと思います。


同じような案件で、現在係争中のものに、マクドナルドの店長さんが残業手当の支払いを求めている裁判があります。


結果はどうなるか分かりませんが、この手の件は労務管理においてはしっかりと対策をとっておかなければならない課題です。もちろん、いざトラブルとなって管理監督者と判断されなくても、困らないような対策をしておかなければなりません。
対策さえとっていれば、裁判所に提出する山ほどの書類をそろえることも、新聞に不名誉な記事が掲載されることも、また余計な裁判費用をかけることもなかったかもしれません。


皆さんの会社はいかがでしょうか?



投稿者 鈴木社会保険労務士事務所 : 2006年03月02日


所長 鈴木達朗
特定社会保険労務士  鈴木達朗

はじめまして。
川崎市、横浜市、東京都を中心に活動する社会保険労務士です。
新規設立会社のサポートから中小企業の労務管理業務まで、豊富な実務経験があります。
また、労務問題に強い特定社会保険労務士として、規模を問わず多業種の企業の顧問として活動中です。
鈴木社会保険労務士事務所は、若さあふれるフットワークの良さと、お客様第一主義の親切対応で、企業発展のお手伝いを致します。
所長のブログ
所長のfacebook
所長のつぶやき
所長のプロフィール

個人情報保護事務所 鈴木社会保険労務士事務所は、個人情報保護事務所として全国社会保険労務士会連合会より認証を受けています。安心してご依頼下さい。 認証番号:1601409

情報管理体制の構築・整備

事務所地図はコチラ

鈴木社会保険労務士事務所までの行き方


トップページ業務実績社会保険労務士の活用事務所案内お客様の声サイトマップお問い合わせ
社会保険就業規則とは高年齢者雇用のコツ退職金制度労務管理情報トピックスよくあるご質問リンク
<川崎/横浜/東京を中心に活動する鈴木社会保険労務士事務所の対応可能地域>
川崎市、横浜市、大田区、品川区、港区その他東京都内・埼玉・千葉など

〒212-0011 神奈川県川崎市幸区幸町2-681-24 Tel:044-522-8757 Fax:044-522-8729
各ページの情報はご自身の判断にてご活用ください。当方は利用の結果に関する一切の責任を負いかねます。
当サイトの無断転載・複製を禁じます (c)copyright All rights reserved. 鈴木社会保険労務士事務所