川崎市・横浜市・大田区を中心に活動する社会保険労務士。 就業規則作成、助成金申請、労務顧問、給与計算の経験豊富。

川崎市/横浜市/大田区/品川区の社労士 鈴木社会保険労務士事務所(社会保険加入・雇用保険加入・就業規則作成・労務顧問・給与計算・助成金など)
トップページ 業務実績 鈴木社会保険労務士事務所案内 お客様の声 サイトマップ お問い合わせ

社会保険加入に関する情報満載!各種Q&Aコーナー


社会保険
社会保険とは
労災保険とは
雇用保険とは
社会保険に加入する
労災保険に加入する
雇用保険に加入する
労災特別加入制度とは
社会保険料
労働保険料
社会保険手続き
労災保険手続き
雇用保険手続き
年金事務所
労働基準監督署
ハローワーク


就業規則
就業規則とは
就業規則作成の意義
就業規則見直しの意義
就業規則作成サービス
就業規則作成・見直し
専門サイトのご紹介


給与計算代行
給与計算代行とは
作成する帳票
給与計算の流れ
給与計算の納期
委託のメリット

各種調査対策
労働基準監督官調査
労働基準監督署の
算定基礎調査

年金事務所総合調査

退職金制度
退職金制度とは
退職金問題
中小企業退職金共済
退職金積み立て方式

労務管理情報
お得な労務管理情報を
Q&A方式で掲載。
随時情報を更新中です

トピックス
社会保険・労務管理の
法改正情報や、気にな
る記事について掲載中

最新トピックスはこちら
過去のトピックスはこちら
鈴木社会保険労務士事務所案内
事務所概要
料金と契約形態
スタッフ紹介
業務依頼事例
対応可能地域
お問い合わせ

個人情報保護方針
鈴木社会保険労務士事
務所のお客様個人情報
保護に関する取り組み
姿勢です

当事務所における
マイナンバーの適切な
取扱に関する基本方針
はこちら


リンク集
リンク集1
リンク集2



鈴木社会保険労務士事務所TOPへ > 就業規則作成の意義 > 就業規則作成の重要性

就業規則作成の重要性

 ここ最近、労使間のトラブルが急増しています。
 従業員側は、インターネットなどで情報を収集することで、以前に比べ
権利意識が高まっています。従業員はこんなこと知らないだろう、という
考えは通用しなくなっています。


 トラブルが発生すると、どういう経緯でそうなったのかということも重要
ですが、最終的には就業規則にどう書いてあるのかが問われます。
 ご承知の通り、常時10人以上の従業員を雇う会社は、就業規則を作
成しなければなりません。では、この就業規則の現状ってどうなっている
のでしょうか?
  *昔、どこかから雛形を引っ張ってきて、それをもとに作成した
  *何十年も前に作って何度か更新したが、今は金庫に眠ったままに
    なっている
  *昔作った記憶はあるが、今はどこにあるかわからない


 上のどれかに当てはまるようであれば、非常に危険です。
一般的に、何かトラブルでも起きないと就業規則の出番はなかなか回っ
てきません。でも、出番が回ってきてからでは遅いのです。


 例えば、従業員を解雇する場合。
  ◎その従業員を解雇する理由が、きちんと就業規則に記載されてい
    ますか?
  ◎服務規律において、その従業員に当てはまる禁止事項を定めて
    いますか?
  ◎解雇に至るまでの懲戒処分の内容が、就業規則に記載されてい
    ますか?
  ◎そもそも、その就業規則は従業員に周知されていましたか?


 例えば、残業代未払いを指摘された場合。
  ◎残業代の計算方法はきちんと給与規程に記載されていますか?
  ◎営業職の営業手当に時間外労働賃金が含まれている旨の記載
    はありますか?
  ◎年俸制の社員の給与には残業代を含んでいると安易に決めつけ
    ていませんか?
  ◎労働時間制度の不備で、余計な残業代を払わなければならない
    ことになっていませんか?


 他にもチェックすべき点はいくらでもあります。たとえば、
  *試用期間のがきちんと機能するように規定してあるか
  *秘密保持や競業阻止の規定があるか
  *休職の規定で、復職の際のトラブルを防止できる内容になってい
    るか
  *自社の労働時間に適した変形労働時間制などを採用しているか
  *転勤や配置転換を命令できることが書いてあるか
  *賞与を支給しない可能性について言及しているか
  *思いもしない退職金を支払う羽目になっていないか
  *定年の規定について、2006年4月施行の改正高年齢者雇用安
    定法の対策をしたか


 誰だってこうした就業規則の中身のような細かいことは後回しにしが
ちです。それよりも業績を伸ばすための方策を必死に考えることを優先
すると思います。しかし、会社にとって一番重要なのは、結局のところヒ
トです。社長だけでなく、従業員がしっかり動けないと会社は上手く回り
ません。
 それなのにヒトの管理をおろそかにしたままだと、いずれ足を引っ張ら
れるリスクが残ります。ヒトに関するトラブルは、その場の対応だけでな
く精神的にも負担がかかります。また、他の従業員にも悪影響を及ぼし
かねません。


 これを見ているあなたの会社では、まだトラブルが表面化していない
かもしれません。だからこそ、今トラブルが起きていないうちに就業規則
をきちんと整備しておく必要があるのです。
 私も今まで様々な労使トラブルを目の当たりにしてきました。そこで感
じたのは、トラブルが起きるのは従業員の多い会社だけのことではない
ということです。10人そこそこの会社だって実際にいくつもありました。
 ということは、就業規則の作成義務のない10人未満の会社だって、
当然にトラブルが起きる可能性はあります。


 就業規則の重要性を理解していただいたら、次は信頼できるパートナ
ーを探しましょう。自社内で起きていることだけではなく、他社で起きてい
るトラブルも将来自分の会社で起こるかもしれないと予測して、それを防
止しなければなりません。
 当事務所も、今までの経験で蓄積してきた情報を、余すところなく貴社
の就業規則作成・見直しにご提供させていただきます。




 鈴木社会保険労務士事務所の就業規則作成サービスはこちら→
 


鈴木社会保険労務士事務所へ問い合わせ




鈴木社会保険労務士事務所の事務所案内




なお、就業規則の作成・見直しにあたっては、当事務所の併設サイト
である就業規則作成・労働基準監督署対策室も合わせてご覧ください。




投稿者 鈴木社会保険労務士事務所 : 2009年09月22日


所長 鈴木達朗
特定社会保険労務士  鈴木達朗

はじめまして。
川崎市、横浜市、東京都を中心に活動する社会保険労務士です。
新規設立会社のサポートから中小企業の労務管理業務まで、豊富な実務経験があります。
また、労務問題に強い特定社会保険労務士として、規模を問わず多業種の企業の顧問として活動中です。
鈴木社会保険労務士事務所は、若さあふれるフットワークの良さと、お客様第一主義の親切対応で、企業発展のお手伝いを致します。
所長のブログ
所長のfacebook
所長のつぶやき
所長のプロフィール

個人情報保護事務所 鈴木社会保険労務士事務所は、個人情報保護事務所として全国社会保険労務士会連合会より認証を受けています。安心してご依頼下さい。 認証番号:1601409

情報管理体制の構築・整備

事務所地図はコチラ

鈴木社会保険労務士事務所までの行き方


トップページ業務実績社会保険労務士の活用事務所案内お客様の声サイトマップお問い合わせ
社会保険就業規則とは高年齢者雇用のコツ退職金制度労務管理情報トピックスよくあるご質問リンク
<川崎/横浜/東京を中心に活動する鈴木社会保険労務士事務所の対応可能地域>
川崎市、横浜市、大田区、品川区、港区その他東京都内・埼玉・千葉など

〒212-0011 神奈川県川崎市幸区幸町2-681-24 Tel:044-522-8757 Fax:044-522-8729
各ページの情報はご自身の判断にてご活用ください。当方は利用の結果に関する一切の責任を負いかねます。
当サイトの無断転載・複製を禁じます (c)copyright All rights reserved. 鈴木社会保険労務士事務所