川崎市・横浜市・大田区を中心に活動する社会保険労務士。 就業規則作成、助成金申請、労務顧問、給与計算の経験豊富。

川崎市/横浜市/大田区/品川区の社労士 鈴木社会保険労務士事務所(社会保険加入・雇用保険加入・就業規則作成・労務顧問・給与計算・助成金など)
トップページ 業務実績 鈴木社会保険労務士事務所案内 お客様の声 サイトマップ お問い合わせ

社会保険加入に関する情報満載!各種Q&Aコーナー


社会保険
社会保険とは
労災保険とは
雇用保険とは
社会保険に加入する
労災保険に加入する
雇用保険に加入する
労災特別加入制度とは
社会保険料
労働保険料
社会保険手続き
労災保険手続き
雇用保険手続き
年金事務所
労働基準監督署
ハローワーク


就業規則
就業規則とは
就業規則作成の意義
就業規則見直しの意義
就業規則作成サービス
就業規則作成・見直し
専門サイトのご紹介


給与計算代行
給与計算代行とは
作成する帳票
給与計算の流れ
給与計算の納期
委託のメリット

各種調査対策
労働基準監督官調査
労働基準監督署の
算定基礎調査

年金事務所総合調査

退職金制度
退職金制度とは
退職金問題
中小企業退職金共済
退職金積み立て方式

労務管理情報
お得な労務管理情報を
Q&A方式で掲載。
随時情報を更新中です

トピックス
社会保険・労務管理の
法改正情報や、気にな
る記事について掲載中

最新トピックスはこちら
過去のトピックスはこちら
鈴木社会保険労務士事務所案内
事務所概要
料金と契約形態
スタッフ紹介
業務依頼事例
対応可能地域
お問い合わせ

個人情報保護方針
鈴木社会保険労務士事
務所のお客様個人情報
保護に関する取り組み
姿勢です

当事務所における
マイナンバーの適切な
取扱に関する基本方針
はこちら


リンク集
リンク集1
リンク集2



鈴木社会保険労務士事務所TOPへ > 退職金積み立て方式 > 退職金の積み立て方法③

退職金の積み立て方法③

ここでは、退職金の積み立て方法というよりも、退職時に一時金を支払うという退職金制度そのものをなくして、それ以外のやり方で福利厚生の充実を目指す方法について説明したいと思います。


<前払い退職金制度>
 →この方法は、「積み立て」ではなく、文字通り「前払い」をするもので
   す。退職金の全部又は一部を、退職時ではなく給与や賞与などで
   前払いをしてしまう方法で、のちのちの積み立て不足を生じさせな
   いメリットがあります。
   しかし、前払いした時に給与所得として所得税がかかったり、社会
   保険料の算定基礎となってしまうなど、おおきなデメリットがありま
   す。一般に退職一時金は、退職所得控除のおかげで、受給時にも
   大きな節税効果を受けることができますが、前払いしてしまうとこの
   メリットも失われることになります。
   ただし、退職金の分としての毎月の企業拠出が、目に見えるかた
   ちで明らかとなるため、確定拠出年金との併用をする企業が多いの
   も事実です。


<退職金制度の廃止>
 →現在適格退職年金を導入している企業は、平成23年度末までの間
   に適格退職年金が廃止されることから、その後の対応を考えないと
   いけません。中退共や確定拠出年金など、他の制度に移行すること
   もありますが、思い切って退職金制度を廃止してしまう企業もあると
   思います。この場合、適格退職年金の解約金は従業員に分配され
   るため、一時所得扱いとなるので注意が必要です。
   またそれ以前に、今まであった退職金制度を廃止するということは、
   就業規則の不利益変更となりますので、企業が一方的に行うことは
   できず、原則として個々の従業員の同意が必要となります。
   退職金を廃止してしまえば、その後退職金の積み立てに困ることは
   ありませんが、従業員のモラール低下などに十分配慮して進めるよ
   うにしましょう。


<退職金制度を最初から作らない>
 →現時点で退職金制度のない企業は、安易に退職金規程を作ったり
   しないことが重要です。なぜなら退職金規程を一度作り、それを従
   業員に周知してしまうと、その後の減額はできないと思ったほうが
   良いからです。福利厚生の一環として、一般的な企業と肩を並べる
   には退職金制度の整備が必要かもしれませんが、真に従業員の
   モラールアップにつながる制度であるかじっくり検討し、その会社に
   あった退職金制度を導入しないと、後悔することになります。場合に
   よっては、退職金以外の部分のオプションを充実させることで、退職
   金のある企業より魅力的に感じる従業員がいるかもしれません。




投稿者 鈴木社会保険労務士事務所 : 2006年06月01日


所長 鈴木達朗
特定社会保険労務士  鈴木達朗

はじめまして。
川崎市、横浜市、東京都を中心に活動する社会保険労務士です。
新規設立会社のサポートから中小企業の労務管理業務まで、豊富な実務経験があります。
また、労務問題に強い特定社会保険労務士として、規模を問わず多業種の企業の顧問として活動中です。
鈴木社会保険労務士事務所は、若さあふれるフットワークの良さと、お客様第一主義の親切対応で、企業発展のお手伝いを致します。
所長のブログ
所長のfacebook
所長のつぶやき
所長のプロフィール

個人情報保護事務所 鈴木社会保険労務士事務所は、個人情報保護事務所として全国社会保険労務士会連合会より認証を受けています。安心してご依頼下さい。 認証番号:1601409

情報管理体制の構築・整備

事務所地図はコチラ

鈴木社会保険労務士事務所までの行き方


トップページ業務実績社会保険労務士の活用事務所案内お客様の声サイトマップお問い合わせ
社会保険就業規則とは高年齢者雇用のコツ退職金制度労務管理情報トピックスよくあるご質問リンク
<川崎/横浜/東京を中心に活動する鈴木社会保険労務士事務所の対応可能地域>
川崎市、横浜市、大田区、品川区、港区その他東京都内・埼玉・千葉など

〒212-0011 神奈川県川崎市幸区幸町2-681-24 Tel:044-522-8757 Fax:044-522-8729
各ページの情報はご自身の判断にてご活用ください。当方は利用の結果に関する一切の責任を負いかねます。
当サイトの無断転載・複製を禁じます (c)copyright All rights reserved. 鈴木社会保険労務士事務所