川崎市・横浜市・大田区を中心に活動する社会保険労務士。 就業規則作成、助成金申請、労務顧問、給与計算の経験豊富。

川崎市/横浜市/大田区/品川区の社労士 鈴木社会保険労務士事務所(社会保険加入・雇用保険加入・就業規則作成・労務顧問・給与計算・助成金など)
トップページ 業務実績 鈴木社会保険労務士事務所案内 お客様の声 サイトマップ お問い合わせ

社会保険加入に関する情報満載!各種Q&Aコーナー


社会保険
社会保険とは
労災保険とは
雇用保険とは
社会保険に加入する
労災保険に加入する
雇用保険に加入する
労災特別加入制度とは
社会保険料
労働保険料
社会保険手続き
労災保険手続き
雇用保険手続き
年金事務所
労働基準監督署
ハローワーク


就業規則
就業規則とは
就業規則作成の意義
就業規則見直しの意義
就業規則作成サービス
就業規則作成・見直し
専門サイトのご紹介


給与計算代行
給与計算代行とは
作成する帳票
給与計算の流れ
給与計算の納期
委託のメリット

各種調査対策
労働基準監督官調査
労働基準監督署の
算定基礎調査

年金事務所総合調査

退職金制度
退職金制度とは
退職金問題
中小企業退職金共済
退職金積み立て方式

労務管理情報
お得な労務管理情報を
Q&A方式で掲載。
随時情報を更新中です

トピックス
社会保険・労務管理の
法改正情報や、気にな
る記事について掲載中

最新トピックスはこちら
過去のトピックスはこちら
鈴木社会保険労務士事務所案内
事務所概要
料金と契約形態
スタッフ紹介
業務依頼事例
対応可能地域
お問い合わせ

個人情報保護方針
鈴木社会保険労務士事
務所のお客様個人情報
保護に関する取り組み
姿勢です

リンク集
リンク集1
リンク集2



鈴木社会保険労務士事務所TOPへ > > 社会保険労務士の活用方法

社会保険労務士の活用方法

社労士は国家資格である社会保険労務士の略称です。


社会保険労務士は、労働保険・社会保険関係の法令や、給与計算、人事・労務管理の専門家として、事業経営で一番大切となる「ヒト」の採用から退職までをサポートします。さらに公的年金の専門家として、年金相談などの分野でも活躍しています。


そのため、社会保険労務士の仕事は非常に多岐にわたります。
扱っている業務をひと言で説明するのは困難ですが、大きく分けて「社会保険分野」と「労務分野」の2つに分類できます。


<社会保険分野の仕事>
 1.社会保険・労働保険手続き代行業務
 2.社会保険・労働保険制度に関する相談業務
 3.労災事故の対応業務
 4.公的年金に関する相談業務
 5.助成金申請に関する業務
 6.社会保険・労働保険に関する役所調査の対応業務  など


<労務分野の仕事>
 1.就業規則の作成・変更業務
 2.退職金制度に関する構築・変更等に関する相談業務
 3.高年齢者雇用に関するコンサルティング業務
 4.労使トラブルへの対応業務
 5.労働安全衛生に関する業務
 6.各種社内規定の整備に関する相談業務
 7.給与計算業務
 8.その他従業員の雇用管理に関する業務全般  など


このように、業務範囲は多岐にわたっていますが、社会保険労務士を利用するメリットは一体何なのでしょうか?


「コストを削減して利益の生みやすい体制を整備する」ための努力は、リストラという名のもと、近年多くの企業が取り組んできた課題です。事業経営においては、どの部署においても常に業務の効率化が求められます。


中小企業においては、人事労務管理部門に割ける人件費はそう多くはありません。従業員がそれほど多くなければ、社長が兼務することも稀ではありません。
しかし、人事労務管理というのは、片手間にできるほど簡単なものではないのです。その結果、人事労務管理はどうしても手薄になってしまうことがあります。
よく言われることですが、やはり「企業は人なり」という言葉はウソではありません。労務の仕事に手を抜いては、良質な従業員確保と事業発展は望めないでしょう。


この課題に対し、会社の人事労務管理部門のサポート役となれるのが我々社会保険労務士です。
例えば社会保険労務士には、本来人事部・総務部が担当する労働・社会保険の手続き業務から給与計算・賞与計算業務まで、一括して依頼することができます。


この場合のメリットは・・・
 1.度重なる法律改正の情報を素早くキャッチして、迅速・正確に処理
   してもらえる
 2.わざわざ役所とやり取りしなくても、全て社労士に任せられる
 3.社会保険と給与計算は密接に結びつくので、事務の効率化を図る
   ことができる
 4.分からないことがあったら、社労士という窓口一つで全て解決する
 5.給与に関する情報を社員に知られずに処理できる


一方、社員に任せていると・・・
 1.法律に基づいた正確な処理が必要なので、情報を仕入れるのに
   労力がかかる
 2.担当社員が辞めてしまうと新たに従業員を補充しないといけない
 3.社会保険や給与計算の業務は、年間サイクルで回っている仕事
   が多いので、他の社員への引継ぎが十分にできない
など、少数精鋭の中小企業にとって都合の良くないことも多いのです。

  
このように、社会保険労務士を使うことで人事・総務部門の効率化はもとより、社会保険労務士の幅広い専門知識を入手し、さらに従業員退職のリスクからも開放されます。
コスト的にも、担当の従業員を雇うより安価で抑えることができます。


また、それ以上に大きなメリットがあります。
それは、複雑化している労務管理についての良き相談相手になれるということです。
社会保険労務士は、何も社会保険の手続きや給与計算などの「事務処理代行」だけを行っているわけではありません。



労働者を雇うと様々なトラブルに直面することがどうしてもあります。
そんな時に、労務管理の知識と経験を有する社会保険労務士がそばにいるだけで、スムーズに解決することができ、またそれ以前にトラブルを防ぐ提案を受けることが可能です。



社員としてこうした専門家を雇うとなると人件費が嵩みますが、社会保険労務士との契約であれば安価な契約料金で、会社を守ることが可能です。
しかも外部の人間なので、従業員には話しづらいことも難なく相談できてしまうメリットもあります。



最近は、資格ブームの波に乗り、社会保険労務士資格を取得する人が増えています。
ネットで「社会保険労務士」を検索すれば、多くの社会保険労務士事務所が引っかかることでしょう。
そこで問題なのが、どの事務所がよいのかということです。
いくつかの判断基準を挙げてみましたので、参考にして下さい。


1.親身になって相談に乗ってくれるか?
 →法律の専門家の中には、「相談しづらい方」っていると思います。
   せっかく契約してお金を払っているのに、不安に思うことがあって
   も納得する説明が聞けないままでは意味がありません。相談し
   やすい雰囲気を作ることも、専門家としての大事な仕事です。


2.自社の依頼にしっかり対応できるか?
 →社会保険労務士は扱う法令が多く、また頻繁に法改正が行われ
   る分野の仕事なので、その対応力に差が生じています。そこで
   皆様は、依頼したい、若しくは相談したい内容にしっかりと対応
   できる知識と経験がその先生にあるかどうかを、面談やホーム
   ページなどから見極めないといけません。
   加えて、対応スピードなども先生によって全く違います。


3.今後長く付き合えるか?
 →社会保険労務士の業界は高齢化が進んでおります。その4割超
   が50代以上ということで、今後世代交代がますます進んでいくと
   思われます。もちろん後継者が育っている事務所なら心配いりま
   せんが、末永く付き合える事務所という視点も必要です。


4.社長や担当者との相性
 →何かモノやサービスを購入する時、価格が一緒若しくは多少高く
   ても相手の担当者の印象がよいほうから買いたくなるものです。
   社会保険労務士も一緒です。今後お付き合いしていく中で、接す
   る担当者と上手くやっていけるかどうかの見極めも大事です。




鈴木社会保険労務士事務所は、お客様第一主義のもと、若さとフットワークのよさ/豊富な経験量とたゆまない情報収集/良心的な価格設定によって、中小企業をガッチリサポートしています。
お仕事のご依頼、ご質問等はいつでもお気軽にお寄せ下さい。
        ↓

鈴木社会保険労務士事務所へ問い合わせ




鈴木社会保険労務士事務所の事務所案内





投稿者 鈴木社会保険労務士事務所 : 2007年10月16日


所長 鈴木達朗
特定社会保険労務士  鈴木達朗

はじめまして。
川崎市、横浜市、東京都を中心に活動する社会保険労務士です。
新規設立会社のサポートから中小企業の労務管理業務まで、豊富な実務経験があります。
また、労務問題に強い特定社会保険労務士として、規模を問わず多業種の企業の顧問として活動中です。
鈴木社会保険労務士事務所は、若さあふれるフットワークの良さと、お客様第一主義の親切対応で、企業発展のお手伝いを致します。
所長のブログ
所長のfacebook
所長のつぶやき
所長のプロフィール

個人情報保護事務所 鈴木社会保険労務士事務所は、個人情報保護事務所として全国社会保険労務士会連合会より認証を受けています。安心してご依頼下さい。 認証番号:080491

情報管理体制の構築・整備

事務所地図はコチラ

鈴木社会保険労務士事務所までの行き方


トップページ業務実績社会保険労務士の活用事務所案内お客様の声サイトマップお問い合わせ
社会保険就業規則とは高年齢者雇用のコツ退職金制度労務管理情報トピックスよくあるご質問リンク
<川崎/横浜/東京を中心に活動する鈴木社会保険労務士事務所の対応可能地域>
川崎市、横浜市、大田区、品川区、港区その他東京都内・埼玉・千葉など

〒212-0011 神奈川県川崎市幸区幸町2-681-24 Tel:044-522-8757 Fax:044-522-8729
各ページの情報はご自身の判断にてご活用ください。当方は利用の結果に関する一切の責任を負いかねます。
当サイトの無断転載・複製を禁じます (c)copyright All rights reserved. 鈴木社会保険労務士事務所